久米川駅前の岸田総理の応援演説

久米川駅前の岸田総理の応援演説

10月25日(火)久米川駅前での岸田総理の応援演説

 

緊急事態宣言解除!

人流が戻りヤット普通の生活になりそうだ。その間2年近くにもなる。食堂に行ってもビールは出ないし店は20:00には閉まる。それが1年近く続くと呑み助たちの生活行動も変わった。

コロナ禍の飲食街

 

コンビニ業界も売り上げを伸ばす為必至だ。

色々新作品を出す。おひとり様用総菜、味付けもかなりレベルが上がっていると聞く酒屋でビールを買い込んで気兼ねすることなる部屋で飲む。・・結構いけるのではないか?しかも原価だ。人恋しければTVやNETがある。

意外といけるコンビニ料理

社内の煩わしい付き合いも公然と断れる。今迄、焼鳥屋でビール1本飲んで数千円払っていたのかと思えばバカバカしく感じるだろう。コロナ後の生活環境も変わるのではないか?それを見越して飲食店オーナーも様子見のようだ。

我々の中古車業界も在宅勤務にオンラインビジネス。ユーザーと会わないで商談をして現車を見せないで注文を取る。この2年間はキツカッター!当社の柱はマイクロバスだ。対象ユーザーはホテル・割烹・観光会社・スポーツクラブ・不況のど真ん中事業者ばかりだ。

マイクロバスを買って欲しい話はあるが買いたい話はなかった。苦戦した。しかし当社は中古車のプロ集団の自負も有る。バス以外の中古車売買で何とか乗り越えて来た。まだ油断はできないがここに来て緊急事態宣言が解除になった。人が動けばそれらの事業者が潤う事になる。当社事業の柱の一つにマイクロバスレンタカーが有る。少しづつご利用ユーザーが戻って来始めている。マイクロバス売買も揺り戻しを期待したいところだ。

ユーザーが戻りつつある弊社レンタカー 

さて明日10月31日は総選挙だ。各党こぞって数兆円単位の現金をばらまく話をしている。中には現金給付や減税するとか消費税を無くすとか??・・増収の基盤を造るほうが先だろう?昨年4月に支給された10万円、総計13兆円近くの給付金、7割が銀行に預けたままで使われていない。庶民にとって先が心配だから、政治がしっかりして居ないからだろう?そんなことを言っているからだろう?国際社会の中の日本の地位がドンドン下がっている。日本の魅力が無くなっている。今回の選挙演説、規制改革の声もほとんど聞かれなくなった。政治家も小粒になり岩盤組織に手を突っ込むとつぶされるのだろう。手っ取り早く金を配る話をすれば票が集まると思っているのか?日本の有権者はそんなにバカじゃない!冷静だよ!‟人の話を良く聞いてくれ“そして聞きっぱなしでなく積極的な行動を期待してますヨ! 岸田総理!

 第49回衆議院選挙は31日、投票日を迎えた。一部地域を除き午後8時に締め切られ、即日開票される。写真は国会議事堂。2020年8月、東京で撮影(2021年 時事通信)

                                                                                                                                                                                                                                         水江一正