伊勢神宮への初詣

伊勢神宮への初詣

 

今年の初詣では日本人の総氏神様“天照大神様”をお祀りしている伊勢神宮へお参りをしよう。昨年末より情報を集めて見た。

 

日本一の大神様への初詣で日本中から参拝客が押し寄せるだろう?色々アクセスを考えてマイカーはあきらめた。

伊勢市駅前のレンタカー会社のスタッフが外宮近くまで乗せて行ってくれた。位置関係が良く判らなかった僕にはこの上ないくらい親切だった。

 

外宮を回り内宮へはシャトルバスがピストン運転をしている。全国から参拝に来ているマイカーの交通渋滞を窓左に見下ろして専用レーンをスイスイと10分程で到着。

五十鈴川にかかった宇治橋を渡りいよいよ大鳥居、

    五十鈴川を見下ろして

 

先ず深々頭を下げて参拝のご挨拶。間もなく手水舎がある。

“柄杓を右手に持ち左手を清めそして右手を清め、口をすすぎ、もう一度左手を清める残った水で柄杓の柄を洗う”さあ!身を清めていよいよ参拝だ。正月の参拝は初めてだ。

改めて境内を見回す。全国の神社の中でも格段に格式が違う、と言う意識が有るせいか凛とした澄んだ静寂と全てを許してもらえそうな居心地の良さを感じる。

“日本人”で有る喜びを感じる。全ての参拝者がこの場の威厳に圧されて小声の会話になる。真っ直ぐ伸びた1.000年以上の杉の大木を両側に人の流れに添って右側を歩く。

整然と右側通行・・

さすがよく整備されていて自然と背筋が伸びる。昨日雨が降ったのか参拝者の為に散水したのか玉砂利は少し湿っておりほこりも少なく歩きやすい。

“天照大神様、今から2.000年前奈良の都、皇居内でお祀りされていたが“倭姫の命”がよりふさわしい場所を求め諸国を巡りました。

伊勢の国に至った時に”「伊勢の国は素晴らしいのでこの国にしようと思う」とお告げが有り五十鈴川の川上に御宮を建て伊勢に鎮座された”とある。

“神楽殿”元寇の役の際、神風を吹かせたと言われる神を祀っている。日祈宮を御参りしていよいよ正宮、皇大神宮だ。参拝客の行列が出来ているのですぐに判った。

予想通りだ、かなりの参拝者の数だ。何十分かかったのか階段を一段づつ半歩づつ前の人の流れに合わせてゆっくりと登って行く。しかし不思議とストレスは感じないし警備の人もマイクで”お急ぎの方は右の階段で上がって下さい、その代り正面での参拝は出来ません”と注意を呼び掛け続けている。慣れて周りを見ると横からするすると待つことなく階段を上り祭壇近くで割り込んで来ている参拝者も居る。“大神様この様なふらちな人達にも幸せが来ますように!”と太っ腹な気持ち、本宮正面で手を合わせた。

二拝二拍手一拝いざ手を合わせるとお願いが多くて纏まらない。身体健勝と事業隆昌をお願いしてもう一度丁寧にお礼を申し上げて場を離れた。

・・何とも清々しく感じた。気温が低いせいも有るが62万人の参拝客全員が“今年こそは”と同じ願いが知らず知らずそう言う気持ちにさせてくれているのだろう。

今年最大の初イベントが無事終わった。

さてこの後、食事をして帰京するのみだ。参道に続いているおかげ横丁で昼食を考えたがどこも満員、

折角だから雰囲気だけでもとレトロな街並みに添ってビール片手にふわふわはんぺん、焼き鳥、コンニャク羊羹等などの買い食いをして・・これだけ人を集めて貰える商店街何をやっても売れそうだ。

有名な”赤福”の店

権利金はスゴイのだろう?等と考えながら。新幹線の時間を気にしながらシャトルバスで伊勢市駅に向かった。

PM14:00過ぎまともな昼食は取っていない為、小腹が空いているが食堂らしき店が無い。ふと気が付くと古い建物のうどん屋が有った。丁度良いうどんでも食おう。

しかし入口には6組、7組の客が並んでいる。後で知ったのだがこの店伊勢うどんで有名な“山口屋”だった。20分以上はマッタだろう?やっと順番が来た。

 

メニューの写真を見た。麺はいつも食するうどんの2倍近く太いし軟らかい出汁は真っ黒??・・何だこりゃー??しかし店先には相変わらず行列が出来ている。

きっと名物で美味しいのだろう?僕はきつねうどんを頼んだ。聞くと煮干しやサバ、鰹節から出汁を引いた秘伝のたれで毎朝その日の分だけを自家製麺で1時間かけて茹でるのだそうだ。・・出しは旨いがうどんに腰が無い。

 

 

 

 

 

きつねうどん             

スーパー等で売られている鍋焼きうどんの様だ・・これが並んで食す伊勢うどんか?と妙に感心しながらも完食した。

時間を見るとPM15時少し前だ。名古屋発新幹線は?17:02分・・急ごう。しかしこの伊勢市駅から名古屋行は1時間に1本しかない?(しまった!考えもしなかった)

それも次の電車はPM15:25分・・直ぐ乗り換えられても10分遅刻だ!駅員に相談したが空席があれば変更可能だったが正月休みで指定席は満席とのこと、取りあえず名古屋駅まで行った。座って帰れる方法は?こだまの自由席なら?・・・空いていた。豊橋、浜松、掛川、三島・・等の各駅停車だ。1時間余計にかかったが無事東京駅に到着した。

着席できずデッキで100分立ちっぱなしを覚悟していたがヨカッター!・・これもヒョットシテ?

今年は“おいせさん”の“ごりやく”を頂けそうだ。

今年は良い事が有りそうだ!(^。^)

                                 水江 一正