北海道十勝ワイン工場に行ってきました!

北海道十勝、池田町のワイン工場へ行って来ました!

 

雄大な十勝平野

 

今回は当たり外れの無い帯広、十勝に行こう!先ず時々テレビで話題になっている“バンエイ競馬”どんな競馬だろう?

ばんえい競馬場

当然行く前に電話で直接窓口に問い合わせをした。出走はPM14時過ぎからPM20時過ぎまでやっています。OK!では午前中に近場の観光地を見て回って行こう。

(僕は競輪、競馬は一切やらない。まして中央競馬等全く興味が無い)しかしここの馬はスマートな馬とは違い1トン以上も有るゴッツイ体重の馬が450Kgの鉄ソリを引いて坂を上がるその速さを競うらしい。ダイナミックに砂ホコリを立てて走る豪快さを想像させてくれる。そう言えばここ暫くワクワクする事が無かった。

“一発逆転”を信じて競馬場へ向かった。時間が早かったせいか僕のレンタカーは駐車場に直ぐ止められた。僕は競馬のルールは全く知らない。

何処の窓口でどの様にいくらで買えばよいのか?馬券受付の小さな窓口はまだカーテンが下りている。競馬場入口付近に食事や取り立て野菜等販売している産直市場などが有る広場

“とかち村いちば”が有る。先ずは腹ごしらえだ。PM1:00過ぎ十勝食材95%のレストランミリオンサンテに入った。店はほぼ満席である。

見回すと競馬場近くで良く見かける新聞片手に赤鉛筆で書き込んでいるオジサンが何人かいた。何となく気持ちが高ぶってきた。僕らは地元の野菜たっぷりのオードブルと十勝牛のステーキセットそして地ビールを頼んだ。

 

出走は何時から?すると店員さんがけげんな顔して今日はやっていないと思います。何だソリャ??電話で時間まで確認して来たのに・・でも場外馬券は売っていますが?

 

腰が抜けた・・ソリャナイヨ!時間調整して楽しみに来たのに・・ガッカリした。・・ここで中央競馬の場外馬券など買う気はさらさらない。

仕方ない建物を一回りして厩舎に繋がれている顔のデカイ、足の短く太い馬を見て回った。

この馬たちの先祖が十勝や北海道中の人達と一体になって広い北海道の土地を開拓したのだろう。冬は豪雪の中、電気・水道・電話も動力も何にもない当時の人達は並外れた相当な苦労が有ったのだろう想像つかない世界だったのだろう。

是非話を聞いて見たかった。開墾時、馬は生活も家族と一緒だったらしい。その名残りの競馬の様だ。見られないとなるとなぜかどうしても見たくなるが仕方がない。

次の目的地十勝のワイン城へ行こう。

ワイン城

池田町のワインは全国的に有名だ。最近僕も焼酎からワインに代えた。カロリーも低いしポリフェノールたっぷりで健康にも良いらしい。

ワインと言えば美味しい料理とオシャレに飲むイメージだが僕はスーパーで1,000円そこそこのチリ産ワインを中心に買ってビールを飲むような飲み方をしている。

オシャレとは全く縁が無い飲み方だ。今回はそのワインで有名な十勝、池田町のワイン城をスケジュールに組んでいた。広大なブドウ畑の中、ナビを頼りに訪れた。

店内には既にかなりの観光客でにぎわっている。ワインブームのせいか若い男女のカップルが多い。その一角に有料だが国産ワインの試飲コーナーが有る。

「山幸」・・美味しかった!

好みの3種類を選び添えられた少々のチーズとベーコンがついて700円・・当然僕はワインの事は全く分からない。味が良いか悪いかより売値が高いか安いかで判断する事にした。

 

グラスで出された色では判らない。教わった通り口に含んで香りを感じて舌でころがして味わうそして飲んだ後鼻から息を出すと後味が残る・・そうだ。へーと思いながらやってみた。そしてその3種類のワインに僕なりにランクを付けてそこにいたバーテンダーに価格を聞いた。当っていた。うれしくなってその3種類のワインを土産に2本づつ買った。

安くなかったがなんだかソムリエになった気がした。そこで買って宅配したワイン、今自宅で2本づつ開けて飲み比べながら飲んでいる。

少しづつではあるが2種類を飲み比べているとつい飲量が増えてしまう。しかしワインは体に良いらしい?何が良いの?その場の責任者に聞いた。

動脈硬化やガン予防に聞くポリフェノール、アルツハイマー予防に効果的なミネラル、高血圧に良いカリウム等など老化防止、健康、長寿には良いらしい。

良い事づくしだ、それはもはや酒と言うより不老長寿の薬ではないか。それも熟成するほど良いらしい。・・高いワインほど体に良いのか?・・しかしフトコロ予算も有るし・・

(もう一人の自分と相談した結果)健康の為だチョットだけフトコロ予算を取ってチョッピリ贅沢をさせてもらう事にした。年取ったオネーチャンの居るカラオケスナックより安いし・・

今迄ワインはボトルのラベルに書かれている甘味、辛味、渋味、酸味位と〇〇産等産地で選んでいたがその他にもアタックだとかフレーバーだとかボディーだとか??

表現も色々あるようだ。本当に凝った人達はブドウ畑から初めてワイン工場迄建てるとの事。名前の通ったプロサッカー選手にもいたらしい。到底そこまでは行きつかない。

漠然と健康に良いでは無く良い原因が分かった。大きな収穫だ。今の仕事はお陰で非常に忙しい。健康に充分注意して会社引張って行かなければならない。

朝5:00に起床してアレしてコレして週3日3時間程水泳をして帰って食事すると23時、就寝したらもう朝だ。昔の様な仲間とネオン街など想像もつかない生活だ。

瞬く間に1週間、1ヶ月が経っている。しかし僕よりもっと忙しい人の方が多いだろと思う。どう言う時間の使い方をしているのだろうと考える。

しっかりしたブレーンが居て仕事を手分けして消化しているのだろうか?それはさておき僕はこれを機会に夕食時“不老長寿のお酒”“ワイン”の為に20分程ゆっくり時間を造ろう。チョッピリ豊かな贅沢をさせてもらおう・・・そして感謝して一日を終わらせよう。

                                                                水江 一正