新型コロナウィルス陣中見舞い!

新型コロナウィルス陣中見舞い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナではありません”天の川銀河”

この数か月、事務所へ問い合わせの電話等殆ど無かったが最近はマイクロバスレンタカーの予約が来る様になった。

しかし中古マイクロバスの中古車相場は未だ安定していない。オークションでは8割近くが流札している。落札も今迄の相場の2割以上ダウンだ。

殆どの車はオークションで

通常250万円のバスが180万円~200万円だ“ヒドイナー”・・換金売りだろう?しかし悪いなりに相場が立ち始めている。今年に入り数か月間日本中がいきなりの停電で真っ暗になった上、嵐が吹きまくった。いったい何が起こったのか?訳が分からなかった。全国民が〝巣篭り“状態にさせられた。

しかしマスコミ等からもコロナウィルスについて経緯や環境・対処方法等色々な情報が入って来る様になった。自分なりに消化して方向を決めなければならない。同業仲間や輸出業者とも情報交換をした。

船積み前の中古車の列

業者曰く安ければマーケットは有りますよ。中古車専業のNETサイト業者も“安い車は動いていますヨ、売れてますヨ”・・ウーン・ソーカ?・・・当社はこの業界50年以上の実績とノウハウは持っている。幾つかの山も乗り越えてきたプライドも有る。一度原点に戻り現在の置かれた環境を交通整理して見よう。

今は飲食・観光・スポーツ関連業界が最もダメージを受けている。

その中心に我々マイクロバス事業が有る。即ち不況業種のど真ん中にいる訳だ。

では不況時の対応は?先ず金の出る蛇口を出来るだけ締めなければならないそして不要な資産を処理して換金しなければならない。

その鉄則に従ってそれらの事業主よりマイクロバス買取りの相談がどんどん入ってくる。車両内容を聞くと走行距離は少ないしどのバスも欲しくなるバスばかり、だが売り先が無い。今は買取りを我慢するしかない。“デハドウスル?”先ず暫くの間マイクロバスビジネスはこの際横に於いてこの不況のウズから離れよう!・・と言う事で現在在庫しているマイクロバス以外の10人乗りミニバスや8人乗りワゴン、教習車、福祉車等を中心にNET環境を整理してアピールすることにした。幸い今迄お付き合いのあった全国のお客様からは引き続き中古車買取り相談は来ている。

今迄、業販を中心としていたそれらの車両も一度当社に入庫して商品車仕上げをしてアピールして見よう。・・当然リスクはあるが何もしなければ売り上げも無い利益も出ない。少しづつ入出庫が増えて来た。当社中古車センターの現場ではかなり細かく忙しくなったがこれも中古ビジネスと考えてコツコツ地道に売り上げを積み上げて行く事にした。

“〇〇年式のハイエース〇〇万円で無いと合わないよナー”等と打ち合わせながら久々の価格設定をする。

6月19日、国の移動自粛要請が解禁になったせいか人が動き始めた。駅や電車が混み始めた。マイクロバスレンタカーも少しずつ予約が入り始めた。“何とかこの調子で進んで欲しい”  祈る気持ちだ。先日6月27日の新聞に“コロナウィルスに対するワクチンが早ければ9月中に実用化が見える”との見出しが有った。他数社の製薬会社も年内には実用化可能としている。これでやっとスケジュールも立てられそうだ!

その上、国が旅館・飲食、観光地向けの1.7兆円のバックアップ補助金が付いた“GoToキャンペーン”が始まるとの朗報も入っている。・・これで我々のマイクロバス事業も息をつける。“ヨカッター!”でも待てよ、その予算決まったらしいが又、色々な仲介業者の問題でゴタゴタしており始まりが早くて8月頃???日本中の人達が自粛、自粛、ガマンしてガマンしてそうとうストレスがたまっている。今この時期(PCR検査体制を整えた上)ばらまけば大爆発、経済も一気に復活するのに・・“オセーナー安倍総理”我々零細企業を助けるなら助かる様に応援してよ!海でおぼれかけて体力が無い人に1週間後にタラフク食わせてやると言われてもネー?効果ナイヨネー?

・・しかし事業継続化補助金200万円の給付・・あれは助かった。今迄何十年も日本人として生きていて国に助けて貰った思いはあまりなかったが、この現金給付は感激した。いざとなったら国は物凄い事をしてくれるのですね?・・今まで納税を嫌がっていたが、ここで50兆円のコロナウィルス向け補正予算(国債?)を組んで国もこれから大変だよね?これを機会に当社もドンドン売り上げ、利益を上げて日本国に税金を納付しなければならないと感じた。

                                                                                                                                       水江 一正